目指せ美肌!ボディーウォッシュの選び方

LINEで送る
Pocket

若い人の間では昔ながらのせっけんじゃあなく、ボディソープで体を洗っている人の割合が多いようです。

 

その一方で安い価格帯のボディシャンプーは皮膚への負担が激しいものが存在するから、コストとか見た感じだけで決めがちだけど、ちゃんとしたものかしっかり調べた上で選んだ方がよいです。

 

顔面の脂の落とし過ぎで潤いも落としてしまいますけれど、体もゴシゴシと力いっぱい擦って肌の脂を洗い落としすぎたらドライスキンのもととなります。

 

ボディウォッシュをたっぷり泡立てたふわっとした泡で撫でるような動作で洗いましょう。ボディーシャンプーのせいでお肌が荒れる場合は、現在使用中のボディソープに刺激性の強い石油系界面活性剤が混ざってるのかもです。

 

どうやっても肌に合わなかったら固形の石けんに切り替えて下さい。かゆみと痛みを軽くするには保湿。でもボディシャンプーには洗浄力第一で。保湿するならば風呂を上がった後にクリームなどを塗って行うのがいいです。

 

テクスチャは固めのほうが潤いを密閉してくれます。乾燥に悩まされていないお肌を持つ人も長く弾力とハリのあるみずみずしいお肌を保持する為には高保湿のボディシャンプーを使うべきです。

 

保湿力が高くても洗った後がすっきりするボディーシャンプーが殆どで、ジメジメする季節もスッキリ使用できます。肌が強くて大きなトラブルが起きにくい場合ならば、当然好きな匂いのボディーウォッシュを使っても問題ありません。

 

ただ、石油系界面活性剤を配合しているか?とかは最低限見逃さないようにした方がよくて、数年後の皮膚の劣化軽減にも係わってきます。

 

リファカラット 効果